2015年01月14日

インドの学校教育現場を視察訪問

公立の小学校校長先生方によるインドの学校の視察レポートです。

ITや数学教育が世界的に有名なインドにおけるエリート教育、および格差の大きいインドの義務教育の教育制度の現状も視察しながら問題点を探るというもの。
今回は、比較的裕福な子供が通う幼稚園から高校までの一貫教育の私立学校と、スラムの中にありNGOが企業や個人の寄付を集めて運営する無償の学校、その2校をご覧いただきました(^^)

くわしくはホームページで。

インドの私立学校視察

インドのNGO学校


ラベル:教育 視察
posted by にこまる at 17:17| デリー 🌁| 視察レポート | 更新情報をチェックする

インド視察体験記8 最終日デリー1日観光

さて、いよいよインドの最終日。
            
ラマダホテルの朝食は、ご飯や卵焼き、漬物、味噌汁など少しの日本食があり、最後にはちょうどいいホテル。

デリー ラマダホテル朝食
            
デリー観光へ出発。
まずは、インド最大級のモスク『ジャマー・マスジット』へ。

ジャマー・マスジット

ここは、スリッパ 100ルピー(200 円)、カメラ持ち込みは300 ルピー(600 円)が別料金だ。結構、高い!

ジャマー・マスジット入口

また、肌を見せてはいけないので、入口で体を覆うカラフルな布を渡してくれる。

ジャマー・マスジット

インド最大のイスラム寺院で、ムガール様式建築の代表格だ。

ジャマー・マスジット礼拝堂

床の大理石には、およそ縦90センチ、横45センチ枠線が作られていおり、これが一人分の礼拝スペース。
中庭まで入れれば、最大2万5000人が礼拝できるそうです。

デリーでリクシャー観光

その後、すぐ近くのオールドデリーの街並みをリキショーという自転車タクシーに乗り、観光。
二人乗りで、狭い路地を入っていくと庶民の市場が見られる。

オールドデリーでリクシャー観光


ちょっとほこりっぱいが、これぞ、インド!という感じでおもしろい。

世界遺産ラールキラー(レッドフォート)

世界遺産の『ラールキラー』を横目にしながら、1948 年に暗殺されたガンジーの慰霊碑がある『ラージガート』へ。

ガンジーが火葬されたラージ・ガート

ここは、ガンジーが火葬された場所。
ガンジーの遺体は、荼毘に伏され、ガンジス川に流されました。ですので、遺骨は残っていません。
周辺は、美しい公園となっています。

ラージ・ガート公園

その後、第一次世界大戦の戦死者を弔うために、1929 年に立てられた『インド門』へ。

インド門(デリー)

門柱には、9万人の戦没者の名前が刻まれている。
ここは物売りが多く、ひったくりやスリもいるので要注意。

続いて、大統領官邸や首相官邸へ。日本でいうと永田町のようなところ。

インド大統領官邸に向けて延びるラージ・パト

インドの大統領は形式的・象徴的な存在。政治的な実権は首相が握っているそうです。

歴代の首相はヒンドゥー教徒に独占されていますが、大統領は民族的少数派の南インドやムスリム、シーク教などに割り当てられることも多いんだとか。任期は5年。

ランチは、待ちに待った『タンドリーチキン』を。

デリーのタンドリーチキン屋さん

普通のランチ定食は、タンドリーチキン、カレー、ナン、ケバブ(野菜や羊)がセットになっていて、食後にチャイが出てきました。味もおいしい。

タンドリーチキンを堪能したところで、世界遺産の『クトゥブミナール』、『フマユーン廟』を観光。

世界遺産クトゥブ・ミナールとその建造物群

クトゥブミナールは、奴隷王朝の1235 年に立てられたインド最古のイスラム遺跡群。
ヒンドゥー教に勝利した記念に造られました。


フマユーン廟

またフマユーン廟は、ムガール帝国第2代皇帝フマユーンの霊廟で、ペルシャとインドの建築様式が融合したムガール建築でタージマハルの原型となったと言われています。1565 年完成。

フマユーン廟の大理石棺

建物内の中央には、白大理石の棺があります。

この棺の中には、遺体はありません。
…と言っても模倣品というわけではなく、もともと仮の模棺として設置され、実際の遺体は、この下に埋葬されているんだそうです。
墓標の代わりですね。

デリーの観光をおえたところで…

インドといえば、紅茶!

500 年以上の老舗、『紅茶専門店MITTAL』へ。

デリーの紅茶専門店MITTAL

紅茶を試飲し、購入。安いものから、ちょっと高級な紅茶まであり、お土産にはお勧め。
日本の緑茶のように、摘みたてはちょっと高め。
また、熟成させたものも香りがよく、おいしい。

カーンマーケット

その後、『カーンマーケット』をちょこっと見て、現地手配会社と、最終打ち合わせ。

インド現地手配会社

いよいよ、空港へ。。。。

と、思ったら、ちょっとトラブル発生。

航空券(Eチケット)の控えを紛失してしまい、なんと空港内に入れず…!(汗)

デリーの空港では、Eチケット がないと空港内へ入れないので、現地ガイドも入れません。。。
この時は、視察に同行していた旅行会社の先輩がカウンターへ行き、うまく助けてもらえましたが、みなさんもインドに行く際には、ご注意を。。。(^_^;)

無事、2:45の定刻通り、インドを出発。上海へ。

インドから上海での乗継
 
上海空港のスタバで、時間つぶし。。。

6時間の乗り継ぎを経て、上海から成田へ。

無事、視察終了です~(^^)

デリーの観光地情報は、ホームページにも掲載しております。

 >>> デリーの観光地

-----

みなさん、いかがでしたでしょうか?

インドは広く、まだまだ魅力がいっぱいです。
今回はデリー、アグラ、ジャイプールといった基本の「トライアングルコース」のみだけでしたが、それでも世界遺産を9つ見ることができます。

その他にも、ガンジス河の沐浴で有名なバラナシ、仏教系の遺跡めぐり、マザーテレサの活動拠点でもあったカルカッタ、
また南インドに行けば、北部とは全く違った水郷地帯や、野生動物保護区もあります。

ぜひ、インドにご旅行をお考えの際には、「にこまるツアー」にも声をかけてくださいね!

よろしくお願いいたします(^^)

――――――――――――――――――――――――――
インド旅行専門サイト- http://www.nikomaru.jp/india/

 
いろんな笑顔、描きたい─ にこまるツアー 

東京都台東区台東4-30-8 宮地ビル本館7F
TEL (03)5812-7080 FAX (03)5812-7085

株式会社HMC 東京都知事登録旅行業第3-3609

――――――――――――――――――――――――――  












 

posted by にこまる at 15:19| デリー 🌁| 視察レポート | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。