2013年07月12日

インド視察体験記1 暑季の4月、中国経由でデリーへ

この4月に、視察のため、インドへ行ってきました~。

インド視察旅行 マハラジャ邸宅

一般的なインド旅行のシーズンは乾季の11月~2月、3月も半ばになると、暑季になり気温が急上昇していきます。
しかし、旅行会社の視察は、基本、オフシーズンになってしまうのです(^_^;)

インドの気候は地域により全く異なりますので、注意が必要ですが、北部のデリー近辺は内陸のため、日本のような蒸し暑さはなく、日蔭は涼しいです。デリー近辺であれば、暑さ、日差し対策は必要なものの、観光できそうです。

インドの紹介がてら、今回の視察旅行のレポートをしていきたいと思います(^^)


飛行機は、経費節約のため、とにかく安い航空会社で…。今回は、中国東方航空の上海経由でデリーへ出発です。

定刻通り機内に乗り込んだものの、50分後に離陸。
上海までは 3時間。機内のモニターはありません。機内食の味は、まあまあです。

DSC01210.jpg

到着は、予定時刻より 1時間遅れの20時。
乗り継ぎはとてもわかりやすく、次のゲートまで、数回のチェックがあり、ゲートへ。

DSC01216.jpg

その後、時間になっても、搭乗は始まらず、結局2時間半遅れで、出発。
機内食が 2回あり、約7時間フライトの末、午前4時ごろデリー国際空港に到着。

日本を出てから、14時間。。。
やっぱり、直行便の方が楽ですよね。。。(^_^;)

デリー国際空港到着

夜中でも 27度くらいあります。うーん。。。やっぱり、暑い(笑)

空港内の両替所にて、まずは、ルビ―に両替。
この時は、1ルピー、約2円でした。

デリー空港両替所

ルビ―は、インド国外には持ち出しできないため、日本の銀行では両替できません。
デリーなどの国際空港や大きな都市の銀行では、日本円からの両替も可能ですが、地方に行くと両替できません。
ですので、必要な分は、空港で両替をしておきましょう。

その後、手配した車にて、ホテルへ。5時前にホテル到着。
今日のホテルは、会員制のこじんまりしたホテル『PALMS』。

デリー郊外のホテルPALMS

デリー市内のホテルは高く、中心部から 1時間ほどのベットタウンであるグルガオンに位置しています。

でも、まずは、仮眠。。。数時間後、朝食へ。

PALMSの朝食ビュッフェ

ブッフェスタイルで、洋食、インド料理がそろっており、日本人には抵抗がない。
白いオムレツが印象的。

PALMSの朝食

また、暑い地域のフルーツは本当においしい。
スイカ、メロン、パイナップル、マンゴーなど種類も豊富!

朝食後、ホテル内を見学。
お部屋は小奇麗で、バスタブも完備。

PALMSの部屋

中庭には、パーティーができる空間や、プールもあります。

DSC01298.jpg

そして建物内には、レストラン、bar、ジムが完備されています。

DSC01292.jpg

また、何よりもスタッフのホスピタリティが行き届き、過ごしていてとても心地がいいです。

デリー郊外になってしまうので、個人での自由旅行では不便ですが、車手配での観光なら、おすすめ!
なかなか素敵なホテルで、日本人が喜びそうなリゾートホテルといった感じです。


引き続き、レポートして参りますので、お楽しみに。。。(^^)


>>>ホームページにて、インドの気候、気温 ルビ―への両替デリーのおすすめ観光地 などの紹介をしています。


posted by にこまる at 17:21| デリー 🌁| 視察レポート | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。